Executive Committee
Pocket

TAEKO GLORY / Leader

ゴスペル、R&B、J-POP、クラシック、唱歌のあらゆるジャンルを融合し、「PEASPEL(ピースペル)」というオリジナルジャンルを創り出し、世界を舞台に活躍する。
歌の力で平和貢献を!との願いから、2005年にNPO 法人ダイアログ・ネットを設立し、国連難民支援チャリティーコンサートを継続的に開催。また、日米友好親善のゴスペルシンガーとしてN.Yにてデビュー。その後は
日本のクワイアカルチャー普及の為に力を注ぐ。
東日本大震災後は、心の復興を願い歌う「ひまわり」が共感を集め、TAEKOが率いる合唱の輪は5万人を超える。
現在、東京、大阪、浜松にオリジナルクワイアの団体を持ち、各種イベントにも多数出演し好評を得る。
また、昨年3月、東日本大震災”心の復興支援“のために100名のプロシンガーから成る「スーパークワイア」をプロデュースし、チャリティーコンサートを開催し大好評を得る。

 後藤 美幸 / Sub-Leader

ゴスペルシンガー/ヴォイストレーナー。
21歳で音楽プロダクションに所属し、主に米軍基地でライブ活動を展開。第1回日本放送ロックコンテスト、最優秀歌唱賞受賞。第12回コカコーラ・フレッシュサウンズ・コンテスト、審査員特別賞受賞。他、レコード会社のオーディション・コンテスト多数入賞。
2004年、ゴスペルディレクターとしての活動を開始。
2005年、川崎・横浜を拠点とする「宮前ゴスペルクワイア」を結成。Gospel Singers – Deeper – を結成(2010~2011)、川崎最強の音楽イベントIn Unity
2009のメインイベントであるゴスペルプロジェクトで、講師&ディレクション&ソロシンガーを担当.その他多数。

 

タイロン橋本 /オブザーバー&Music プロデューサー

1971年ニッポン放送「全国フォーク音楽祭」大賞受賞をきっかけにプロとなる。
‘77 日本初のサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」に参加しアルバム2枚を残す。
‘83 スティビー・ワンダー作曲のStay Goldを日本リリース、オリコン洋楽チャート12位にランク入り。
‘88 “MomentsOf Love”を全米で発売し、NBC制作のドキュメンタリー“The Evening”にシルベスター・スタローンとともに出演、全米放送される。
これまでに8枚のソロ・アルバムをリリース。現在まで600余りのCMの歌唱、作編曲、プロデュース、ナレーション、出演等に関わり、第41回カン
ヌ国際広告映画祭にて銅賞受賞。
故ジェイムス・ブラウンを起用したUCCコーヒーでは、作編曲、プロデュース、出演交渉までも手がけ、ジョージア州オーガスタにて憧れのJ.B.とレコーディングする。

 

JEFFREY QWEST / Music プロデューサー

 

アメリカ、アーカンソー州生まれ、インディアナ州ゲイリーにて育つ。
12歳の時、ジャクソン5のレコーディングメンバー、”ラマント・キング”に見出され、”ソウルエクスプレス”のメンバーとして全米デビュー。
来日後は、シンガー、ギタリスト、作曲家、アレンジャーとしての才能をいかんなく発揮。
倉木麻衣のプロデュースにも関わり、サポートバンドとしてツアーに参加。紅白歌合戦にも出演する。
Change the feeling“美粧館のCMソングとして有名。
ゴスペル、ソウル、ポップス等、あらゆるジャンルをこなすエンターティナーとして、TV、FM、ラジオ等で活躍中。

2017 wagosnation © ALL RIGHTS RESERVED.